キングダム34巻

目次 変ずる理由 対極の力 別の道 2つの目標 白老の言葉 戦後の各国 相国の肚 兄弟の今 企ての臭い 不穏な影 屯留の異変 変ずる理由 連の膝蹴りを腹部に受けた羌瘣は 血を吐いてその場にうずくまる。 そしてだまし討ちで祭をくぐり抜けただけの 連が強い力を…

キングダム33巻

目次 紫電一閃 李牧の決断 不抜 深謝 合従軍の顛末 特別功 三千人隊 脱走者 囲む幽族 巫舞の違い 頂上の実力 紫電一閃 龐煖に向かって走り出した信は 麃公が置き土産として残した龐煖の左腕の 骨折に目をつけていた。 片腕でしか触れていない矛に信の全力の…

キングダム32巻

目次 巡回の夜 予想外の変化 秘密の露見 昌文君の提案 六日目の檄 出し尽くす 開く城門 来ぬはずの援軍 破格の加勢 行く理由 軽い 巡回の夜 二日目の夜も蕞の城を取り囲む趙軍は 大きな歓声を上げていた。 作戦の指揮を取る河了貂、蒙毅ら軍師たちは 初日と…

キングダム31巻

目次 空いた玉座 肩を借りる 政、語りかける 蕞、準備する 蕞に告ぐ 東壁 奮戦する蕞 最初の夜 傅抵、躍動す 三大天となる男 葛藤する二人 空いた玉座 秦国の王都咸陽の王宮内は 混乱が起きていた。 王である政が自ら兵を率いて 出陣したからである。 呂不韋…

キングダム30巻

目次 函谷関の裏 打ち止め 楚王の怒り 首謀者の行方 しぶい状況 麃と飛 本能型の極み ど阿呆 前進 うまい酒 政の決断 函谷関の裏 士気を高めた秦国軍は城壁の上から 城門の裏側に流れ込む魏軍を押し返しはじめ 指揮官である蒙驁も安堵しかける。 だが、そこ…

キングダム29巻

目次 十五日目の午後 五千将・項翼 媧燐軍の突撃 汗明への道 至強 明かされる戦歴 生まれて初めて 最強の漢 "至強"決す 俺の倅 勝利は目前 十五日目の午後 函谷関の裏側へと続く断崖へと辿り着いたオルド率いる燕軍は絶壁を物ともせずよじ登り始める。 しか…

キングダム28巻

目次 新たな姿 第二軍動く 戦象の意味 窮地の大抜擢 新たなる攻略手 陥落の危機 敵の海原 戻らぬ覚悟 武将の矜持 信の閃き 王翦の動き 新たな姿 楚軍と相対する蒙武軍の戦闘が 始まろうとしていた。 蒙武はその口火として左軍を率いる 壁の部隊に突撃命令を…