お薦めマンガ紹介ブログ

読んで面白かったマンガをひたすら紹介していくブログ

キングダム15巻

f:id:ttt888k:20180720130251p:plain

 

目次

 

f:id:ttt888k:20180720130317p:plain

 

趙国の本陣を攻めていた蒙武は

突如現れた敵総大将である龐煖と対峙する。

 

その頃、王騎は隆国が上げた狼煙によって

敵本陣の場所を把握し進軍を開始していた。

 

敵本陣は王騎の想像よりも奥にあり、

すでに戦が始まっているであろう事から

先が読みづらいと蒙武を心配する。

 

隆国は龐煖の姿を確認すると

全軍に龐煖を狙うよう指示を出す。

 

蒙武も龐煖から放たれる強烈な武の

匂いを感じて冷や汗をかく。

 

それでも蒙武は龐煖に向け突撃し

攻撃をしようと武器を振りかぶる。

 

しかし、龐煖は一度も武器を交えず

背を向けて逃走を開始する。

 

秦国軍は困惑するが敵将を追って

追撃を開始する。

 

隆国は龐煖が進んでいく方向を見て

その地形から罠があることを悟り

蒙武に止まるよう指示を出す。

 

蒙武はそれを聞かず、伏兵を承知で

龐煖を追うが、予想に反し伏兵ではなく

大きな岩が頭上から降り注ぐ。

 

蒙武は後ろを振り返ると

そこには無数の岩とその下敷きになった

多くの部下の姿があった。

 

 

f:id:ttt888k:20180720131756p:plain

 

蒙武軍は敵の落石の計により半数の

兵を失った。

 

隆国は蒙武にすでに味方の本陣が

見えない位置に来ている事を告げ

孤軍となっていると注意する。

 

蒙武は敵の総大将を前にして

退くことはできないと隆国の諌めを

無視して追撃を開始する。

 

その頃、敵の本陣へと急ぐ王騎は

部隊を歩兵と騎兵の二つに分け、

歩兵は山を直線的に進み、

騎兵は障害物の少ない道を走っていた。

 

山を進む信たち飛信隊は伏兵がいたら

ひとたまりもないと警戒する。

 

しかし、王騎は旗を使って本陣と

連携を取り、各軍のおおよその配置を

把握していた。

 

そのため、進路上に敵がいないことを

知っていたが、敵本陣を攻めていた

隆国との連絡が途絶えたことで

進軍速度を早める。

 

趙荘は目前まで王騎軍が迫っている

ことを確認すると小さく鼻を鳴らす。

 

 

蒙武掛かる

f:id:ttt888k:20180720134219p:plain

 

王騎は報告のあった趙国軍本陣のある

場所に辿り着くが、そこに敵兵の姿は

なかった。

 

すぐさま情報収集を開始すると

蒙武が龐煖を追って山の奥深くへと

進軍し落石によって兵の半数を失い

なおを龐煖を追撃中である事がわかる。

 

消えた趙荘たち敵本陣も蒙武とは

別な方向から山の奥へと進んでおり

王騎は敵が徐々に蒙武軍を削り、

兵力を削りきった所でトドメをさそうと

していると推測する。

 

王騎の配下はこれ以上進軍して旗による

本陣との連携が取れなくなることを

懸念するが、王騎は進軍を決める。

 

蒙武が仕掛けられた罠は本来は王騎を

仕留めるために用意されたものであり

このまま放置すれば蒙武はここで

命を落とす危険性があると王騎は言う。

 

実際に蒙武軍は度重なる伏兵に遭い

先頭を走る蒙武に追随する兵士は

二千を切っていた。

 

しかし、犠牲を出しながらも進軍した

おかげもあって蒙武は龐煖の背中を

捉えていた。

 

そして武器を振り下ろすと龐煖の頭は

一撃で砕かれてしまう。

 

それを見た秦国軍は歓声をあげるが

蒙武は手応えのなさから偽物と判断し

趙国軍の本隊が攻めてくると予感する。

 

その頃、咸陽にいる政のもとを

山の王である楊端和が訪れていた。

 

 

北の軍

f:id:ttt888k:20180720151629p:plain

 

公孫龍と李白は王騎の配下である

鱗坊、同金と対峙していた。

 

戦いは始まっておらず、谷をはさんで

にらみ合いを続けるだけであった。

 

李白は敵を引きつけるよう趙荘から

命令を受けていたが、趙荘の軍だけでは

王騎に勝てないと予想し、部隊を分けて

趙荘を助けに行こうとしていた。

 

それを公孫龍が止めに入り、

今目の前にいる王騎軍を一部でも

王騎の元へ行かせてはいけないと言う。

 

李白は趙荘がすでに王騎用に仕掛けた

罠を蒙武に使ってしまっている事から

計略なしで王騎に勝てるのかと問う。

 

公孫龍は戦場を山間に移した時から

すでに趙荘は戦っていないと言うと

今回の戦の裏に隠された趙国軍の

秘密を明かそうとする。

 

その頃、趙荘軍を追いかける王騎軍の

進軍速度はやや低下していた。

 

王騎は策の気配を感じ警戒を強めるが

戦場全体を見ても趙国が打てる大技は

ないと断定する。

 

そして斥候部隊によって前方に

蒙武と配下の千騎を趙国軍一万強が

包囲攻撃していると報せを受ける。

 

壊滅寸前という情報を受けた王騎は

全速力で蒙武軍の元へ走り出す。

 

咸陽では政を訪ねてきた楊端和が

山界での戦況について報告していた。

 

楊端和は秦国の西方にある山民族の

ほとんどを平定した後、北方にいる

匈奴という強大な騎馬民族との戦を

しようとしていた。

 

政もそこまでは報告を受けていたが

楊端和が八万の軍を組織して遠征すると

そこには十万を超える匈奴軍の屍が

広がっていたと告げる。

 

隣で聞いていた昌文君は匈奴の他にも

騎馬民族は存在しているので

同じ騎馬民族同士で争ったのではないかと

推測する。

 

しかし、楊端和は匈奴を討ったのは

趙国軍であると答える。

 

戦場となったのは趙国の北にある

国境付近の雁門という場所の近くだった。

 

昌文君は趙国にも多くの諜報員を

送っているため、大きな戦があれば

北の端であっても気づかないわけが

ないと言う。

 

政は趙国軍が意図的に情報を操作し

兵を挙げた事を悟られないように

していたと推測する。

 

楊端和は政にその目的はと尋ねると

政はその隠された軍を秦国との戦いに

参戦させることに気づき驚愕する。

 

戦場で秦国と趙国の力が拮抗しているなら

新たな軍の出現によって一気に決着が

つくだろうと楊端和は言う。

 

匈奴軍の屍は戦って死んだのではなく

策によって一方的に殺された死に方を

していた事から楊端和は相手がかなりの

策略家であると推測する。

 

そして匈奴兵の生き残りから聞き出した

趙国軍の大将の名前は李牧であると告げる。

 

李牧とは河了貂たちと共に秦国の戦を

眺めていた人物であった。

 

 

到着

f:id:ttt888k:20180720154752p:plain

 

戦場を眺める河了貂たちの前に

突如趙国軍の旗を持った騎馬隊が

現れる。

 

趙国軍は李牧を迎えに駆けつけると

近くにいた河了貂たち秦国の人間を

捕えてしまう。

 

河了貂は仲良くなりかけていた

李牧の従者カイネに騙したのかと

怒りを顕にする。

 

カイネは戦だと答えるが、

李牧は非戦闘員を殺さないので

戦が終われば開放されると言う。

 

もしも河了貂が軍師になったら

次は敵として戦場で会おうと

別れを告げると河了貂たちのもとを

去ろうとする。

 

そこに蒙毅が李牧は何者かと質問すると

カイネは三大天の一人だと答える。

 

戦場では蒙武が絶体絶命のピンチに

陥っていた。

 

蒙武と配下たちは背中を絶壁に阻まれ

前方と側面には趙国軍がいる状態で

逃げ場がなくなっていた。

 

蒙武も兵もボロボロで敵を突破する

力も残されていない状態だった。

 

そこへ騎馬の駆ける轟音が鳴り響くと

王騎が姿を現す。

 

趙国軍の中にいた龐煖も王騎に気づき

二人の総大将が対峙する格好になる。

 

王騎は九年来の因縁と五日に及ぶ戦の

決着をつけようと龐煖に声をかける。

 

 

士気高揚

f:id:ttt888k:20180720160526p:plain

 

王騎と共に決戦の舞台に到着した信たち

飛信隊は最終決戦を前に士気を高める。

 

趙国軍も大天旗という三大天の旗を

掲げると士気が跳ね上がる。

 

秦国軍は龐煖が三大天になった事への

驚きと兵の士気の高さに圧倒される。

  

それを見た王騎は整列した兵たちの前を

拳を突き上げて走り抜ける。

 

それだけで兵の士気は最高潮に高まり

趙国軍の士気を上回る。

 

そのまま開戦すると副官の騰が

先陣を切って敵の部隊に突撃する。

 

趙荘は弓兵に準備をさせると

ギリギリまで引きつけて矢を放つ。

 

騰はそれを読んでギリギリ矢を射程を

超えたところで急に進路を変える。

 

矢を全て躱しきったところで

敵の懐に侵入し一気に歩兵の列を

切り崩していく。

 

それを見た信は当初のポイントから

だいぶそれた所に侵入してしまったと

漏らすと王騎は作戦通りであると言う。

 

そして飛信隊にも任務も言い渡す。

 

 

真打ち

f:id:ttt888k:20180720162011p:plain

 

騰の部隊は趙国軍の左軍に突撃すると

そのまま敵陣を切り崩していく。

 

特に先頭を走る騰の勢いが凄まじく

騎兵でありながら剣を使うという

特殊な先方で敵を細切れにしていく。

 

趙荘は突破されないように後ろに兵を

回して防御を厚くする。

 

それを見た騰は突破を図らず

横に進んで敵の弓兵をできるだけ

叩くよう指示を出す。

 

王騎は歩兵に対して突撃命令を下し

信たち飛信隊もそこに加わって

敵部隊に向かっていく。

 

信たち歩兵の前に敵の弓兵が矢を構え

一斉掃射を開始する。

 

しかし、秦国の歩兵は騰と同じく

矢が届くギリギリの所で方向を変え

敵の本陣に向けて突撃をする。

 

趙荘は左軍を前進させて

本陣を目指す秦国歩兵を横腹に

攻撃をしかける。

 

信たちは横から攻撃を受けるが

それは王騎が考えた敵の左軍を

前進させるための陽動作戦であった。

 

 

予想

f:id:ttt888k:20180720163158p:plain

 

秦国軍の歩兵を攻撃するために前進し

陣形が乱れていた趙国左軍を

王騎が横から突撃し蹂躙していく。

 

王騎が先頭を走ることによって

王騎軍の兵は鬼神のように強くなり

陣形を見出した趙国軍にはそれを

止める術がなかった。

 

蒙武軍は王騎が現れたことで

敵の包囲から開放されていた。

 

ボロボロの蒙武軍は静かに戦の動向を

見守っていたが、王騎配下の隆国は

王騎の戦い方がいつもと違うことに

疑問を抱く。

 

王騎は明らかに焦っていて、

それは敵の趙荘も感じ取っていた。

 

趙荘軍は断崖を使って蒙武軍を

包囲していたが、新たに王騎軍が

現れたことによって趙荘軍も

その退路を失っていた。

 

趙荘たちは逃げられない状況であるため

王騎が戦を急ぐ理由がわからなかった。

 

趙国軍は李牧が用意した作戦通りに戦い

今いる戦場で戦っていれば後は李牧が

率いた騎馬隊が駆けつけ戦は決着すると

言われていた。

 

趙荘はその話を思い出すと王騎が

李牧の策を読み、援軍到着前に趙国軍を

全滅させようとしているのではないかと

懸念する。

 

しかし、李牧の情報操作は完璧で

直接作戦を聞いた趙荘と公孫龍以外は

誰一人援軍の話を知らないことを考え

杞憂であると言い聞かせる。

 

だが、王騎が全軍に突撃命令を下し

全軍総攻撃の構えを見せると

再び李牧の策が読まれていることを

考えてしまう。

 

王騎は実際には援軍の存在には

気づいていなかった。

 

ただ、どこかに隠れた援軍がいて

自分たちの背後を突くであろうと

予想していた。

 

そして場所が山間であることからも

援軍の到着には時間がかかると考え

王騎は援軍到着前に決着をつける

自信があった。

 

 

総大将 見える

f:id:ttt888k:20180720165040p:plain

 

趙荘は本陣を下げようとするが

龐煖の姿を見失っていた。

 

王騎は趙国の本陣に迫り

誰もそれを止められずにいた。

 

一人の兵が持っていた槍が

後ろにいた男によって奪われると

男は槍を王騎に向かって投擲する。

 

ものすごい速度で飛来する槍を

王騎はギリギリの所で避ける。

 

槍は王騎の後ろにいた兵に刺さるが

勢いは止まらずそのまま三人の兵を

貫いて停止する。

 

槍を放った龐煖は前に進み出ると

周囲にいた兵たちは自然と後退し

王騎と龐煖の周りを取り囲む。

 

周囲の兵たちが歓声を上げると

遠くで戦っていた両軍の兵たちも

王騎と龐煖が対峙した事を察する。

 

王騎は簡単な挨拶を述べると

龐煖が急に総大将になって

現れたことを茶化す。

 

龐煖は手段は小事であり武神の証明を

するために王騎を殺すと宣言する。

 

王騎は龐煖が変わっていない事に安心し

殺意をむき出しにすると龐煖を殺して

過去と訣別することを宣言する。

 

 

個人の武

f:id:ttt888k:20180720170030p:plain

 

王騎と龐煖は武器を構え

双方に向けて突撃する。

 

龐煖が矛を構えると王騎の配下から

心配する声が漏れる。

 

王騎はその心配をかき消すように

一撃を繰り出すと龐煖の巨体が馬ごと

吹き飛ばされる。

 

龐煖は馬を御して踏みとどまるが

王騎は龐煖に意外と軽いと感想を漏らす。

 

秦国軍の兵は歓声を上げると

それは近くで戦っていた飛信隊にも

聞こえてくる。

 

歩兵には趙荘を討つという命令が

下されていたが信は王騎と龐煖の

どちらが強いかが気になり眼の前の

戦闘に集中できなくなる。

 

飛信隊の部下たちは自分たちが

王騎将軍直下の特殊部隊であり

王騎から受けた命令は先の陽動だけ

であると言い訳すると戦列を離れ

王騎の戦いを観戦に行く。

 

王騎と龐煖は一進一退の攻防を

繰り広げると、それを見ていた王騎の

配下たちは安堵する。

 

九年前に王騎が龐煖を斬った時には

龐煖は摎との戦いで負傷しており

個人の武であれば龐煖の方が強いのでは

という懸念があったからだ。

 

しかし、摎と龐煖の戦いを実際に

見ていた老兵は、龐煖は相手の実力を

十分に引き出してから本気を出すと言う。

 

そして次の龐煖の一撃で今後は王騎が

馬ごと吹き飛ばされ、矛で落馬を防ぐ。

 

龐煖は王騎に出し惜しみは無用と告げ

本気を出すよう促す。

 

 

摎の正体

f:id:ttt888k:20180720171138p:plain

 

王騎と龐煖の一騎打ちは激しさを増し

二人の矛は普通の兵には見えないほど

高速で振り回され、徐々にお互いの体に

切り傷が増えていく。

 

趙国軍は龐煖がやや有利と見ると

士気を高めて龐煖を鼓舞する。

 

本陣を後退させようとしていた趙荘は

なぜ王騎が一騎打ちを受けたのかを

疑問に感じていた。

 

摎との因縁の事も知っていた趙荘は

王騎そこまで駆り立てる摎が何者かを

考えるが答えは出なかった。

 

そこへ配下の兵が龐煖を残して

本当に後退するのかと確認をする。

 

趙荘は龐煖は総大将だが、

仮に王騎を討っても本陣を失えば

その後の秦国軍の動きには

対処できない答える。

 

また龐煖が討たれても本陣があれば

対処ができるが、騰もそれを承知のため

王騎の援護には回らずに直接本陣を

獲りに攻めてくるという。

 

実際に騰は凄まじい勢いで

趙国の本陣に迫っていた。

 

龐煖は王騎に受けた顔の傷の痛みは

時間の経過と共に忘れ去るが

魂魄に受けた痛みは何年経っても

忘れることは無いという。

 

そして王騎にも九年前の摎の死を

思い出せと言おうとするが

その前に王騎の一撃が顔面をかすめる。

 

龐煖の右の頬が縦に切れると

王騎は自分の心の傷も

癒えていないと答える。

 

咸陽では昌文君が政と二人になると

摎の正体について昭王から口止めをされ

公言できなかったことを詫び、

六将摎の正体が女であり王騎の妻に

なるはずだった相手であると告げる。

 

ー15巻完ー

 

<<16巻へ       14巻へ>>

 

ー書籍版ー

キングダム 15 (ヤングジャンプコミックス)

新品価格
¥555から
(2018/7/31 21:59時点)

ーKindle版ー

キングダム 15 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)