お薦めマンガ紹介ブログ

読んで面白かったマンガをひたすら紹介していくブログ

キングダム16巻

f:id:ttt888k:20180720172756p:plain

 

目次

 

摎の秘密

f:id:ttt888k:20180720172818p:plain

 

昌文君は政に摎の正体を明かすと

昔話を始める。

 

昌文君はまだ武官だったころ

戦場に向かう途中の野営地で

若かりし頃の王騎軍と遭遇する。

 

王騎の配下たちは異様な格好をしていて

昌文君は目立ちたがりのアホだろうと

相手にしていなかった。

 

しかし、そこに若い女の姿があるのを見て

驚いてしまう。

 

昌文君の部下は最近噂になっている

王騎の側近の女兵士だと教える。

 

男顔負けの武人であるという触れ込みから

いかつい女を想像していた兵たちは

華奢で美しい摎の姿に見とれてしまう。

 

だが、摎に変な気を起こせば王騎によって

ヒドイ死に方をするという噂を聞き

肝を冷やしてしまう。

 

摎はもともと王騎の召使いであり

幼い頃から王騎の側で稽古を見て

育ったために武芸の達人に成長したと言う。

 

昌文君は戦は女子供の遊びではないと

一蹴するが、摎が戦場で敵の大将と副将の

首を獲ってくるとその実力を認めない

わけにはいかなくなる。

 

その後も王騎とは何度も戦場で共闘するが

そのたびに摎が異常なほど戦に強いことを

思い知らされる。

 

そしてある戦で秦国軍は連戦連敗を喫し

総大将が討たれる事態に発展した。

 

そこで王騎が総大将に任命されると

王騎は自分が自由に動けなくなるので

昌文君に摎の事を頼みたいと言ってくる。

 

昌文君は自分が助けなくても摎は

十分に強いので心配はいらないと返すが

王騎は自分が命を落とした時のためにも

摎の秘密を伝えておきたいという。

 

それは摎が昭王と宮女の間に産まれた

王女であるということだった。

 

しかし、昭王は無類の戦好きであり

度々王宮を不在にしていたため、

宮中では女たちが自分の子供を世継ぎに

するべく争っていると言う。

 

そんな中、産まれたのが摎であり

摎の母親は力がないために子供を守り

育てることができなかった。

 

そこで子供だけを宮中から逃がすと

王宮から離れ、且つ事情も理解できる

地位の人間のもとへ送られる。

 

それが王騎の屋敷であった。

 

そもそも摎の母親は王騎の父の

戦友の娘であったため、

王騎の家との繋がりが深かった。

 

こうして王騎の召使いとして

育てられる事になった摎だったが

この出来事は昭王も摎本人も

知らないままだった。

 

 

邂逅

f:id:ttt888k:20180720175118p:plain

 

政は摎が昭王の娘と聞き驚くが

その証拠はあるのかと問う。

 

昌文君は王騎が語っただけなので

詳細はわからなかったが、

その後にそれが事実であることが

判明したという。

 

摎の母は幼い摎を逃したあとに

家に火を放って焼死を図り

その際に赤子も一緒に死んだ事にされる。

 

摎が王騎の元で活躍をし始めたある日、

昭王が前線にいる兵をねぎらうために

昌文君たちの野営地を訪れた。

 

王騎は昭王にねぎらいの言葉をかけると

噂になっている摎に会いたいと言う。

 

摎は昭王の元に歩み寄ると

事情を知らないはずの二人は

一瞬で親子であることを悟ってしまう。

 

昭王は摎に歳を尋ね、ねぎらいの

言葉をかけると摎はそれに感動する。

 

それから昭王は王騎を呼び出すと

摎を公式に認めることはできないとし

摎もそれを理解する。

 

以降、摎は仮面をつけるようになり

兵士たちが摎の素性について話すことも

禁じられるようになった。

 

表向きは列強に名が知られる前に

女である事を隠すためだったが

昭王が娘にできる唯一の配慮だった。

 

そして昌文君は摎の寝所を訪れると

摎にその胸中を尋ねる。

 

摎は悲しいという気持ちはあるが

剣を置いて召使いに戻っても

意味がないので、戦い続けて

天下の大将軍を目指すと言う。

 

絶句する昌文君だったが

摎は幼い頃に王騎に自分が戦場に出て

城を百落としたら嫁にしてもらうよう

約束をしていた。

 

摎の思いは今も変わっておらず、

またたくさんの仲間もいる

戦場こそが自分の居場所と語る。

 

その後、摎は次々と戦果を挙げると

早々に将軍になってしまう。

 

大軍を率いた摎は戦の際を存分に発揮し

戦を始めると敵が滅するまで攻撃を

止めないという苛烈な戦い方で

戦に勝ち続けた。

 

摎は将軍になってわずか数年で

他の五人の大将軍に匹敵するとまで

言われるようになった。

 

その後、六人目の大将軍となった摎は

さらなる猛威を振るい、中華全土を

震え上がらせた。

 

そしてある戦が終わり、勝利に湧く

摎の陣営に昌文君と王騎が訪れる。

 

お互いに大将軍となり会うことが

少なくなっていた摎と王騎は久しぶりに

会話をすると、摎は何かを言おうとして

口ごもってしまう。

 

王騎は次の戦は王騎との連合軍で

戦うことになり自分は副将で

大将は摎であると報告する。

 

そして、しばし摎の目を見た後に

いよいよ最後の一つと声をかけると

その場を去ってしまう。

 

その言葉に摎は顔を覆って涙を流す。

 

何のことかわからず困惑する昌文君に

摎は次の馬陽の城が百個目である事を

告げる。

 

 

強さの根源

f:id:ttt888k:20180720182053p:plain

 

龐煖は摎と対峙すると

摎の剣技の前に肩と腕を負傷する。

 

しかし、踏み込んできた摎の足を

踏みつけて動きを封じると

後方に飛んで距離を作りながら

矛で摎の体を斬りつける。

 

摎はその場にうずくまると

それを見ていた王騎が怒りを爆発させ

龐煖に迫る。

 

王騎は矛で何度か攻撃すると

龐煖は受けきれずに顔面を斬られる。

 

その場にうずくまる龐煖に

弓兵が容赦なく矢を浴びせる。

 

そして龐煖の意識は途絶え

次に目を覚ました時には王騎の姿はなく

自分が殺した秦国の兵の死体が

転がっているだけだった。

 

破れた原因を考えると龐煖だったが

単純に自分の腕が未熟だったと悟る。

 

場面は戦場へと移り、摎の死を

思い出した王騎は気合を入れると

周囲の空気が変化する。

 

王騎の配下は摎が殺された時と

同じと言うと、龐煖もまた敗北の

苦しみを思い出し気合をいれる。

 

二人は本気で打ち合うと、

どんどん激しさが増していき、

周囲を囲む兵にも流れた攻撃が

飛んでくるようになる。

 

龐煖は王騎に負けてからの九年の内

三年を元の体に戻す事に費やし、

残りの六年を深山での修行にあて

武の極みに達したと確信した。

 

李牧の申し出を受けたのは

王騎が及ばない域に達したという

自負があったからだった。

 

しかし、王騎の一撃は想像以上に重く

弾くことができず、龐煖は疑問を抱く。

 

王騎は武将はこれまで死んだ仲間の

思いを双肩に乗せて戦っていて

山で一人こもっている龐煖には

理解ができないと答える。

 

 

相容れず

f:id:ttt888k:20180720184343p:plain

 

王騎は摎を含めこれまで死んでいった

仲間の思いを乗せて戦っていると言うと

それを聞いていた信は同意し、

だからこそたくさんの死線をくぐってきた

将軍は強いと言う。

 

龐煖はその言葉を否定すると

死者の思いは生きている者の勝手な

願いであり、人は死ねば土くれに

化すのみと答える。

 

王騎は最後まで相容れぬと答えると

再び激しい打ち合いが始まる。

 

その頃、趙荘は騰の部隊によって

本陣を攻め立てられていた。

 

騰の騎馬隊は敵の陣をいくつも突破し

趙荘の目前に迫っていた。

 

龐煖は王騎よりも速さ、力、技と

全ての面で自分が勝っていると

確信する。

 

それでも尚、斬り伏せられず

徐々に王騎の攻撃を受け切る事が

できなくなっていく。

 

そして防御の上から頭部への

攻撃を受けると龐煖は動けなくなり

その場に静止してしまう。

 

王騎は破れた理由はあの世で

摎に教えてもらうようにと言うと

トドメを刺そうと振りかぶる。

 

そこへ大きな地鳴りが起きると

背後には趙国の騎馬隊が迫っていた。

 

 

秦の武威

f:id:ttt888k:20180720185928p:plain

 

王騎と龐煖の一騎打ちと

騰の敵本陣強襲の決着が

着こうとした矢先、敵の援軍部隊が

戦場に到着する。

 

王騎の計算では援軍が到着するまで

あと半日はかかると予想していた。

 

実際に援軍が隠れていた場所は

王騎の予想通りであったが、

趙国軍が使う騎馬が平地の騎馬と違い

山岳地の障害物をものともせずに

進んできたことが多いな要因だった。

 

李牧は王騎が北方の騎馬隊と戦った

経験がないことも調べ上げており

王騎が計算違いをすることも

読んでいた。

 

王騎はそれに気づくと初めて小さく

冷や汗をかき、秦国軍の兵たちは

ただ愕然とするしかなかった。

 

援軍として現れた李牧軍は大天旗を

掲げ士気を高めると、秦国軍の戦意は

挫かれてしまう。

 

趙荘の本陣も趙荘以外には事態が

飲み込めていなかったが、

新たな三大天の出現に士気が上がる。

 

李牧の配下である魏加は手間をかけた

甲斐があったと李牧に声をかける。

 

李牧は相手が王騎なので当然と答えるが

従者のカイネはやりすぎと文句を言う。

 

魏加はカイネを嗜めると

王騎の首は五十の城を落とすよりも

価値があると言う。

 

李牧はそれに賛同すると、

国を代表する大将軍の首は

その国の武威の象徴であると説明する。

 

そのため、王騎が敗れれば秦国の武威は

失墜し、逆に趙国の武威は列強の

脅威になると言う。

 

そこで李牧は魏加にある事を頼み

魏加はそれを承知する。

 

李牧軍は王騎軍に攻撃を開始すると

一方的な展開になってしまう。

 

しかし、王騎はその状況で笑うと

二十年ぶりくらいに立たされた死地に

血が沸き立つと言う。

 

そして配下たちに指示を出すと

この場を打開するために

行動を開始する。

 

だが、龐煖はまだ決着を諦めておらず

再び王騎の前に立ちはだかる。

 

 

新たな時代

f:id:ttt888k:20180720192458p:plain

 

龐煖と王騎の間に兵が流れ込むと

一騎打ちの様相は終わりを告げる。

 

そして戦場は大混戦状態に陥ると

飛信隊も自分たちの周りにいた兵を

片付ける。

 

そこには新手として到着した李牧軍が

迫っていたが、肝心の王騎が龐煖に

つかまった事で動けずにいた。

 

王騎はこの場にあって龐煖の存在は

大きな障害であると考えるが

無視して逃げても背を追われるため

正面から斬り伏せることを決める。

 

王騎の一撃は龐煖の首筋を捉えるが

焦りから剣筋が乱れ致命傷には至らない。

 

そうしている間に王騎軍は李牧軍に

飲み込まれ始める。

 

魏加は王騎が倒される瞬間を前に

複雑な心境だった。

 

王騎は現存する武将のなかで

一番多くの人間から恨まれ、

その死を望まれている。

 

しかし、同時に王騎が歴史に名を残す

英雄であることも意味している。

 

だが、その王騎の上を行く李牧は

さらなる化物であり、新しい時代が

幕を開けようとしている瞬間である

と魏加は感じる。

 

そしてその場に立ち会えることに

興奮していることを李牧とカイネに

告げるとその場を後にする。

 

カイネがどこにいくのか尋ねると

中華全土が注目する大舞台に汚れ役でも

魏加の爪痕を残すと答えると

李牧は魏加に感謝を述べる。

 

 

死線

f:id:ttt888k:20180720200521p:plain

 

王騎の周りには龐煖の他にも

趙国の兵士が群がっていた。

 

王騎は次々に敵兵を斬っていくが

羌瘣が王騎に近づく一団を見つける。

 

それは魏加の部隊であり、

王騎を射殺そうと弓を射掛ける

準備をしていた。

 

信はそれを止めるべく魏加に向けて

走り出す。

 

趙荘は魏加の動きを見て王騎の

死が目前に迫っている事を確信する。

 

ただ、残念なのはその瞬間をこの目で

見ることができないことだと言うと

背後から迫る騰によって斬られてしまう。

 

李牧の元にも趙荘討ち死にの報が届くが

李牧は冷静に王騎軍に拠点を作らせぬよう

兵を送り込む。

 

龐煖と対峙する王騎は徐々に龐煖の

枷が外れてきたことに気づく。

 

李牧も龐煖は復讐に囚われているが

求道者である龐煖は欲求を捨てて

無我で戦うことが本来の姿であり、

そこに立ち返れば無敵であると言う。

 

そして龐煖の攻撃が王騎を捉えだし

王騎も徐々に負傷箇所が増えていく。

 

王騎は手強い策士と武人を同時に

相手をするのは骨が折れると言うと

今から打てる策はないとこぼす。

 

趙国兵は王騎が諦めたと言いうが

王騎は策がなければ力技で攻めるのみ

と告げると声を張り上げ全兵士に

一人十殺を義務付けると命令する。

 

後ろには王騎がいるので全員が

ただの獣になって戦えという檄に

秦国軍の兵士は息を吹き返す。

 

李牧はそれに素早く対処すると

反撃の糸口を全て塞ごうとする。

 

魏加はすでに王騎の背を捉えており

弓を構えて機を伺う。

 

信は敵兵を蹴散らして

魏加へと迫る。

 

王騎は渾身の一撃で龐煖の矛先を折り

続けて首筋を再び斬りつける。

 

龐煖は体制を崩しながらも

反撃をしようとするが

それよりも早く王騎のトドメの一撃が

龐煖の体に迫る。

 

王騎の矛が龐煖に当たる直前に

魏加の放った矢が王騎の背中に

突き刺さる。

 

王騎の攻撃は軌道が逸れると龐煖の頭を

わずかに外して空振りに終わる。

 

龐煖は振り向きざまに

折れた矛の先で突きを繰り出すと

矛は王騎の胸を貫いてしまう。

 

それを見た秦国軍の兵たちは

悲痛の声を上げた。

 

 

天下の大将軍

f:id:ttt888k:20180720200539p:plain

 

信は弓で王騎を狙う魏加に近づいていた。

 

しかし、魏加の矢を止めることができず

放たれた矢は王騎の背中に命中する。

 

魏加は自らの矢が龐煖の一撃を

生み出したことに満足する。

 

その矢先に近づいてきた信によって

斬られてしまう。

 

龐煖は邪魔をされた事に憤りつつも

戦場は王騎の土俵であり、

周囲からの攻撃も文句は言わせない

と言うと王騎の負けを宣言する。

 

王騎の配下たちは武器を落とし

負けを認めてしまう。

 

王騎は勝手に負けを押し付けられるのは

心外であると言うと、武器を捨てた

配下にも憤りを覚える。

 

そして死んでも諦めないことが

王騎軍の誇りであると言うと

いくつもの戦場を渡ってきた経験から

ここが死地ではないと周囲に告げる。

 

信じられない兵たちを前に

王騎は矛を振るって龐煖の首を

獲ろうとする。

 

すでに力がなくなっていた王騎の矛は

龐煖に手で受け止められるが

そこから王騎は力で矛先を龐煖の首に

押し付ける。

 

将軍とは役職にすぎないが辿り着けるのは

ほんの一握りの人間だけであり、

数多の死地を越え、数多の功を挙げた

者だけが手に入れられる栄誉であると言う。

 

それ故にその存在は重く、

まばゆい程に光り輝くと話すと

龐煖は力負けをして矛が首筋に

どんどん差し込まれていく。

 

龐煖は死にかけでありながらも

自分をなおを追い詰める王騎に対し

何者かを問う。

 

王騎は自信を持って

天下の大将軍と答えると

それを見た信は涙を流し

龐煖は身震いする。

 

とっさに王騎の胸に差した矛を

勢いよく引き抜くと王騎は体制を崩す。

 

龐煖が次の一撃を繰り出すよりも早く

騰が駆けつけ龐煖の一撃を受け止める。

 

王騎は体制を崩して落馬しかけるが

信がとっさに王騎の馬に飛び乗り

王騎の体を支える。

 

騰は敵を撹乱するために自軍を

敵の本陣に突撃させるというと

飛信隊と王騎の配下に活路を作るため

左の端へかけるよう命令を出す。

 

その左の端には息を吹き返した

蒙武の部隊が戦闘を開始していた。

 

 

将軍の景色

f:id:ttt888k:20180720202441p:plain

 

李牧の元には次々と

報告が入ってきていた。

 

一つは魏加の討ち死に

一つは龐煖が王騎を倒したこと

一つは蒙武軍が息を吹き返したこと

最後に騰の部隊が本陣目掛けて

突っ込んできていることだった。

 

李牧は王騎が死ぬ瞬間を見たかを尋ねると

兵は龐煖の矛が胸を貫いたので

生きていても時間の問題と告げる。

 

龐煖は撤退する王騎のその配下を

黙ってみていた。

 

周囲の兵が追わないのかを尋ねると

その兵を斬り捨て追うなとだけ告げる。

 

しかし、王騎軍の前には

無数の趙国兵が群がり、

王騎の首を獲ろうと狙ってくる。

 

王騎の配下は次々と身を挺して

王騎を守ると、信にどんな姿になっても

必ず城へ連れ帰るよう命令する。

 

李牧は王騎の亡骸が趙国に渡れば

辱めの限りを尽くされるため

王騎軍は必死に戦っていると分析する。

 

カイネもまた自分が同じ立場であれば

李牧のために命を投げ出すと言う。

 

李牧は胸が痛いが感情で道を開ける

わけにもいかないと言うと

攻め手を緩めずに王騎を攻める。

 

信は戦闘から二人の騎兵が

同時に襲ってきている事に気づくと

防ぐ手段がなく焦りだす。

 

そこへ目を覚ました王騎が矛を振るい

敵を退ける。

 

王騎は自信の愛馬である鳳が

自分以外に御されるのを初めて見たと

驚くが、信は馬が勝手に走っていると

答える。

 

王騎は信の姿を見ると、背筋を伸ばして、

目を閉じるよう命令する。

 

そして、信が乗っているのは将軍の馬で

あると理解させると深呼吸して目を

開ける時に味方と敵の顔、天と地を

見るように指示する。

 

信は言われた通りにすると、

そこには将軍の見る景色が

広がっていた。

 

信はその一瞬、

力がみなぎった事を感じる。

 

王騎は将軍には様々な物が見える

というと見えなかった活路を

切り開いてくる隆国の姿を目にする。

 

隆国は王騎の元へ辿り着くと

蒙武が死力を尽くして活路を

作ろうとしていると告げる。

 

王騎はそこを抜けて死地を脱しようと

声を掛ける。

 

 

継承

f:id:ttt888k:20180720204841p:plain

 

蒙武はなんとか趙国軍の間に

細い退路を作ると、秦国軍はそこを

走り抜け死地を脱する。

 

騰も王騎の元へ向かうよう

部下に促されると戦列を離れて

王騎の元へ駆けつける。

 

その頃、趙国本陣では趙荘の副将だった

斉明が李牧になぜ秦国軍を追撃しないのか

と詰め寄っていた。

 

李牧は後軍が追っていると告げるが

斉明は全軍で追うべきだと反論する。

 

王騎の首を取らなければ趙荘が死んだ

意味がないと説得をする。

 

李牧は大将には2種類あり、

一つは討ち取られると士気を失い

戦が終わる将。

 

もう一つは討ち取られると兵に

殉死の精神が芽生え全滅するまで

戦い続けさせる将。

 

王騎は後者であり、王騎を殺すと

味方の被害は甚大になると説得する。

 

今回の戦の目的は王騎の死であり、

すでに致命傷を負った王騎は

放って置いても死ぬため戦の目的は

果たされたと言う。

 

斉明はそれ以上何も言えず

趙国軍の追撃は終わった。

 

王騎は山中の開けた場所に部下を

整列させていた。

 

そこに騰が駆けつけると王騎は

自分の死後、軍長を含む全ての兵が

後を追うことを禁止すると命令する。

 

そして騰の実力は王騎に引けを取らない

と告げると、王騎軍の今後は全て騰に

引き継ぐことを言い渡し、

隆国をその証人にする。

 

それを見ていた蒙武は王騎に近づくと

全ては自分の責任と言って謝罪する。

 

蒙武は王騎に何か言うことはあるか

と聞くと王騎は命を賭けて活路を開いた

蒙武の愛馬に感謝を告げる。

 

そして蒙武の課題は自分でわかっている

だろうと細かいことは言わず、

今後の秦国軍を率いる武将として

成長することを期待すると言う。

 

今回現れた趙国の将はかつて無い

強敵であると告げる。

 

いつの時代も強者は新しく現れた

更なる強者の存在によって破られ

時代の舵を渡していく果無き漢共の

命がけの戦いと言うとだからこそ

乱世は面白いと語る。

 

最後に信に稽古をつける約束が

果たせないことを詫びると

素質はあるので仲間と共にたくさんの

修羅場をくぐるようアドバイスする。

 

そして自分の矛を信に手渡すと

そのまま動かなくなってしまう。

 

王騎は武に生き武に死ねるのは本望であり

新しい時代の芽にも出会えたことで

思い残すことはないと感じる。

 

やっと死んでいった仲間たちのもとへ

行けると思うと、目の前には笑う

摎の姿が見える。

 

そして多くの仲間に見守られながら

王騎はその生涯に幕を下ろした。

 

 

終戦

f:id:ttt888k:20180720215819p:plain

 

王騎死亡の一方は両軍へと伝わった。

 

同金と鱗坊の二人は涙を流し

録嗚未は激昂して交戦中だった万極軍を

命がけで攻めるたて多くの死傷者を出した。

 

李牧は速やかに全軍に退却命令を出すが

大きな被害を被った万極は最後まで

食い下がった。

 

李牧は龐煖に王騎を討った感想を聞くが

龐煖は勝った手応えは無いという。

 

また深山に籠もるという龐煖に対し

李牧は王騎の強さの秘密は戦場にある

と促すが龐煖は聞き入れずに去っていく。

 

攻められていた馬陽の城は

敵が撤退したことで歓喜するが

趙国軍の背中を見送る王騎軍の配下たちは

悔しさと悲しみで嗚咽が止まらなかった。

 

そして王騎死亡の報告はあっという間に

中華全土に広まった。

 

王都咸陽でも軍議の途中であったが

報せを受けた昌文君は席を外す。

 

外には政がいて、王騎の死に悲しみを

憶えていた。

 

政は昌文君に王騎が出陣前に

昭王の遺言を聞かせてくれた事を明かし、

その内容が全中華の王になるために

必要な資質についての話だった。

 

政は王騎に先王からその話は

聞いていなかったと感謝を述べると

王騎は敢えて先王には伝えなかったと言う。

 

昭王の意思を継ぎ王騎が仕えてもいいと

判断できる王にのみ伝えるよう

昭王に言われていたと話すと

王騎は政に仕える事を承知する。

 

そして共に中華を目指しましょうと

忠誠を誓っていた。

 

その話を聞いた昌文君は涙を流し、

政もまた悲しみに肩を震わせる。

 

戦から半月が経過し、前線守備を

していた王騎軍が帰還すると

ようやく戦は終結を迎えた。

 

飛信隊の面々もそれぞれ村に帰り

帰還を喜ぶ者や戦死の報せに

肩を落とす者、反応は様々だった。

 

信もまた王騎から受け取った矛と共に

帰路についていたが、家が見えると

ホッとした反面、出迎えてくれる人が

いないことに寂しさを覚える。

 

家につき扉を開けると

そこには修行で不在にしていたはずの

河了貂の姿があった。

 

河了貂は休みをもらってきたと

告げると準備していたご飯を勧める。

 

それを聞いた信は元気を

取り戻すのだった。

 

ー16巻完ー

 

<<17巻へ       15巻へ>>

 

ー書籍版ー

キングダム 16 (ヤングジャンプコミックス)

新品価格
¥555から
(2018/7/31 21:56時点)

ーKindle版ー 

キングダム 16 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)