お薦めマンガ紹介ブログ

読んで面白かったマンガをひたすら紹介していくブログ

キングダム17巻

f:id:ttt888k:20180720230502p:plain

 

目次

 

三百将

f:id:ttt888k:20180720230530p:plain

 

趙国との戦いで秦国の怪鳥と呼ばれた

大将軍の王騎は死んだ。

 

秦国の象徴的な人物の死をきっかけに

隣接する各国は徐々に国境を

侵し始めていた。

 

王騎の死から1年が経過していたが

前線各地では激しい戦いが続いていた。

 

その中でも一際活躍していたのが

三百人隊になった飛信隊だった。

 

部隊の規模は大きくなり、

伍長だった面々も什長に

昇進していた。

 

しかし、隊長の信は小さい戦ばかりが

続いていることに不満を感じていた。

 

各什長は信を諌めると

今は隊を太らせて力を蓄えるよう、

そして何より今を楽しむよう促す。

 

信は納得すると尾平ら隊の

盛り上げ役と共に馬鹿騒ぎをする。

 

この一年で飛信隊はどの部隊にも

所属せずに援軍としてあちこちの

戦地を転々としていた。

 

趙国軍との激しい戦いを経験した

飛信隊には強敵と言える相手は

おらず、順調に勝ちを拾っていた。

 

それもあって前線では着実に

飛信隊の名が広まっていた。

 

そこへ趙国と燕国が大きな戦をした

という報せが届く。

 

李牧が出陣したことで戦は

趙国軍が一方的に勝利をしたという。

 

信は王騎を倒した李牧という男を

警戒しつつ、いずれ倒すべき相手として

見据えていた。

 

王都咸陽でもある報せが届いた事で

王宮内は大混乱に陥っていた。

 

それは趙国の宰相が秦国に来朝する

という報せであり、趙国の宰相は

李牧というものだった。

 

 

李牧、咸陽へ

f:id:ttt888k:20180720232519p:plain

 

李牧が来朝すると言う報せを受けた

昌文君は怒り狂っていた。

 

今回の一件は政にも知らされておらず

全て呂不韋が独断で決めたことだった。

 

呂不韋配下の蔡沢もさすがに度を越えた

悪ふざけであると呂不韋を嗜める。

 

今回の一件は趙王の寵愛を受ける

春平君という人物が騒動の中心にいた。

 

春平君は呂不韋が商人をしていた頃に

金の工面をしたことがあり知己の仲で

あった。

 

そこに呂不韋が書簡を送り趙と秦の

国交を二人で回復させようと誘い、

趙王の力になりたいと思っていた

春平君はこれを承諾する。

 

そして二人が会合をした際に

呂不韋は春平君を拉致すると

趙王に返してほしければ宰相を

迎えにこさせるよう書簡を送った。

 

趙王は暗愚な王であり、

李牧よりも春平君の方が大切なため

この取引に応じて李牧に咸陽へ

行くよう命令を下す。

 

李牧の配下たちは殺される可能性が

あるので引き受けるべきではないと

強く反対を示す。

 

しかし、趙王は行かなければ打首と

李牧を脅しているため拒否はできない。

 

李牧は前向きに捉えて呂不韋と

咸陽を見るいい機会であるとし

配下を何名か引き連れ咸陽へと出立する。

 

秦国では呂不韋に対する非難の声が

上がっていたが、呂不韋は気に留めず

李牧がどんな人物かと期待を寄せていた。

 

その頃、信と羌瘣も王宮に

到着していた。

 

呼び寄せたのは昌平君であり、

二人を会見の場に衛兵として

立ち会わせ、いざという時は昌平君の

合図で李牧を殺せと命令する。

 

信は卑怯なマネはできないと断るが

王宮には蒙武や騰など武官も集まり出し

昌平君は信が殺さなくても他の人間が

殺すという。

 

昌平君は信が王騎から矛を受け取った事を

知っていたため、温情で呼んだと言う。

 

また、呂不韋は謁見する際に李牧たちにも

帯剣することを許可しているため

ある種の戦であると信を諭す。

 

そして程なくして李牧と呂不韋の会見が

始まると二人は互いに名乗り挨拶を交わす。

 

 

提案

f:id:ttt888k:20180720234535p:plain

 

李牧を初めて見た秦国の諸将らは

それぞれ異なった見解を持っていた。

 

文官たちはいかつい武人を想像していたが

意外と若く、細身の李牧に肩透かしを

くらった様子だった。

 

逆に信や他の武官たちは細身でありながら

全身に漂う武の匂いから、武将としても

数々の戦場を潜り抜けてきた人物であると

分析していた。

 

昌文君は机上の策士ではなく、

現場の経験に裏打ちされた策であるため

王騎を討てたと評価する。

 

逆に趙国側も呂不韋という人物の

大きさに圧倒されていた。

 

しかし、呂不韋と李牧は挨拶もそこそこに

二人同時に笑うのであった。

 

そして呂不韋は他愛のない話を

いくつか振り、それから宰相になった

感想を李牧に訪ねる。

 

李牧は自分は人の上に立つ人間ではなく

辺境でゆっくりと平穏な暮らしを

していたいと答える。

 

呂不韋は李牧という男はそんな小さい

男ではないと言うが、李牧は小さい人間

だからこそ小賢しく策を巡らせて

王騎を破ることができたと言う。

 

それ故に呂不韋のような豪胆な性格が

羨ましいというと呂不韋は李牧が

自分を小心者と言った事で笑い出す。

 

そして本題に入ろうと言うと

呂不韋は李牧たちにはここで

死んでもらおうと告げる。

 

その言葉に秦国の大臣たちも

驚きの声を上げる。

 

呂不韋はその理由として

李牧のように自身を小心者と評価する人間は

呂不韋の目にはちっぽけに映るが、

李牧は逆に恐ろしく映ると言う。

 

そのためここで死んでもらうと言うと

李牧は用意していた手土産を披露する。

 

それは中華全土を書き記した地図で

李牧はその傍らに立つとこれから

自分が秦国の軍略家になり

話をさせてほしいという。

 

呂不韋は承知すると李牧は

戦国七雄と呼ばれる七カ国が

互いにしのぎを削っている事に触れると

このバランスを崩すには無理をしてでも

一国一国を落としていくしか無いという。

 

そこで一番最初に狙うべきは

一番の弱小国である韓であるが

韓は絶対に落ちないと言う。

 

理由は韓は北方にいる魏と趙にとって

秦が中華に出る道を塞ぐ盾の役割を

しているからと説明する。

 

そのため韓が危なくなれば魏と趙が

援軍を送って助けるため、

まずは韓ではなく魏を攻めて

援軍を送る余力を失くすべきと進言する。

 

そして秦が魏を攻める際に

趙は魏に援軍を送らないことを

約束するという。

 

ただ、条件として趙は燕を攻めるので

その間は秦が趙に攻め込まない事を

約束してほしいと言う。

 

つまりは秦趙の間で同盟を

結ぶことであると李牧は説明する。

 

 

交渉

f:id:ttt888k:20180721001734p:plain

 

李牧は呂不韋に同盟の申し入れをするが、

それを聞いていた元王騎軍の録嗚未は

激怒する。

 

呂不韋に李牧たちを斬る号令を

出すよう促すが、呂不韋は一喝し

録嗚未を黙らせる。

 

昌平君や李斯、蔡沢らは感情を

抜きにすれば同盟の申し出は

悪くないと考えるが

呂不韋はその申し出を断る。

 

その判断に呂不韋の配下も李牧も

動揺を見せる。

 

呂不韋は同盟の申し出は素晴らしいが

その提案を持ち出した李牧の首の方が

若干価値が高いと説明する。

 

ただ価値の差は少しであることから

交渉の余地があると言うと、李牧に

韓皋の城をおまけしてほしいと頼む。

 

韓皋城は趙、魏、秦の国境付近にあり

近年になって重要性が高くなった。

 

そのため李牧は宰相になってすぐに

この城の要塞化に着手し

完成が間近に迫っていた。

 

昌文君は普通に攻めれば多大な兵力と

時間を費やす城をただで明け渡せと

頼む発想にまともではないと感じる。

 

蔡沢は同盟の時点で落とし所としては

十分であったが呂不韋の商人気質が

今回のふっかけに至った事を悟ると

李牧は呂不韋から値切れるかと

その動向に注目する。

 

李牧は他の城でと交渉するが

その場合は十個は必要と返されると

呂不韋相手に値切ることはできないと

判断し、韓皋の明け渡しを了承する。

 

そしてそのまま秦趙同盟が成立した。

 

羌瘣は信にわめかなくてもいいのか

と尋ねるが信は呂不韋と李牧の

やりとりにただ圧倒されていた。

 

 

祝宴

f:id:ttt888k:20180721020111p:plain

 

秦趙同盟の成立後、祝宴が催され

両国の諸将たちはその席に着いていた。

 

華やかな宴会の席とは裏腹に

参加している人たちの空気は

ピリついていた。

 

信は送れて会場に入った事もあり

席はすでにほとんど埋まっていた。

 

偶然空いている席を見つけると

そのまま席に着くが向かいにいた人物に

その席は呂不韋の席なので座ると

マズイと注意を促される。

 

信はその人物に向き合うと

そこには李牧が座っていた。

 

信は驚いて立ち上がると剣を抜こうと

腰に手を伸ばす。

 

しかし、剣は入り口で回収されたので

今は武器を持っていなかった。

 

仮に武器を持っていたとしても

ここで李牧を殺せないと思い直した

信だったが、李牧の側についていた

カイネに何のマネだと叱責される。

 

信は感情を制御しようとするが

王騎を殺した相手を前にして

冷静になれず李牧を睨みつけてしまう。

 

カイネは怒って声を荒げると

隣から大きな声が聞こえてくる。

 

録嗚未は同盟に納得がいっておらず

同盟は一、二年で解消されてしまうので

宴などしても意味がないという。

 

それを聞いた趙国軍の文官は

録嗚未に文句を言うが

怒った録嗚未に投げ飛ばされてしまう。

 

次に蒙武とその配下の将が立ち上がると

酒を瓶ごと飲み始め、全てを飲み干すと

酒が尽きた事を理由に退席する。

 

場内はあっけに取られるが

信は昌文君に呼ばれると

今のうちに席を離れるよう叱られる。

 

李牧は信の名を聞いて

飛信隊の信かと尋ねる。

 

信は李牧が自分を知っている事に驚くが

馮忌と魏加を斬った人物であることから

趙国側にもその名前が知られていた。

 

そして李牧は諜報員から王騎が最期に

矛を託した人物であることも知っていて

さっきの信の態度にも納得する。

 

李牧は挑戦的に残念ながら自分は

ここでは死なないと言うと

信は残念ではないと返す。

 

自分は今よりももっと成長して

いずれ李牧を倒すと啖呵を切ると

李牧は挑戦を受けるという。

 

そして慌てて飛び込んできた

昌文君によって信は殴られ

李牧の元から連れて行かれる。

 

李牧は面白そうな若者の出現に

期待するような表情を

浮かべるのであった。

 

 

五年

f:id:ttt888k:20180721022923p:plain

 

同盟の祝宴は多少の揉め事は起こったが

無事に終りを迎える。

 

人質になっていた春平君は開放され

韓皋城の明け渡しまでは別な人質を

預かることになった。

 

李牧たち一行は帰路につくが

その途中で河了貂がカイネに声をかける。

 

久々の再会を懐かしむと

他愛のない会話を楽しむ。

 

そこに信と羌瘣が現れると

信は河了貂にカイネから離れろと言う。

 

祝宴で険悪な関係になった信とカイネは

お互いを罵り合うが、信は思い出した

ように河了貂を連れ出すとその場を

後にする。

 

そして政の待つ場所へと向かうと

三人は久々の再会を果たす。

 

だが、信は開口一番で王宮内での

政の立場が危ういのではないかと尋ねる。

 

李牧と呂不韋が会見をしている最中、

政は一言も発しておらず

その存在感は皆無に等しかった。

 

政はそう見えたなら成功というと

敵国の宰相を前にわざと暗愚な王の

フリをしていたと答える。

 

そして呂不韋との権力争いは

思いの外善戦していて昌文君と肆氏が

勢力は広げているという。

 

それを聞いた河了貂は自分が呂氏四柱の

昌平君の元で軍師の勉強をしていることを

詫びる。

 

政はすでに知っていたことと

成蟜反乱の死線とくぐり抜けた絆は

容易く切れないと思っている事を告げ、

気にするなと河了貂を慰める。

 

信は政も自分の戦いを頑張っている事に

喜ぶが、政は自分に残された猶予は

あと五年しかないと言う。

 

十五歳の政は五年後に二十歳を迎え

そこで加冠の儀を経て正式に国内外に

秦国の君主として認知される。

 

呂不韋はそれまでの間に政を潰そうと

目論んでいるため、政はそれを跳ね除け

呂不韋から実権を剥ぎ取るという。

 

そして信に対して五年で将軍に

なれるかを問う。

 

政は自分が正式に王と認められた後に

最初の号令で出陣するのは信にしたい

と願っていた。

 

 

前哨戦

f:id:ttt888k:20180721151016p:plain

 

秦趙同盟が成立してから1ヶ月後、

信は前線に戻って戦い続けていた。

 

だが、信は五年しかない事に焦り

戦に勝っても浮かない表情をしていた。

 

そこへ亜水城の麃公の元へ遣いに行く

途中だった壁が信の元を訪れる。

 

久々の再会を喜ぶ二人だったが

壁は早速次の戦の話を切り出す。

 

同盟の目的でもあった魏国攻略戦が

近々山陽という地で展開される

予定だという。

 

総大将は麃公か蒙驁の二人の名前が

上がっていて、麃公に意見を聞くのが

今回の壁の仕事だった。

 

魏国との大きい戦の話を聞いた信は

元気を取り戻す。

 

それから数日後、信のいる前線では

珍しく中規模な戦闘が起こった。

 

武功をあげようと勇む飛信隊は

参謀役になっている羌瘣の作戦の元

敵本陣を背後から急襲する事にする。

 

飛信隊は三百人隊となったことで

突破力が増しており、分厚い敵本陣の

守りを力押しで押し切る。

 

敵本陣に辿り着いた飛信隊だったが

すでにそこは陥落していた。

 

驚く信たちの前に本陣を陥落させた

別の三百人隊が姿を現す。

 

 

f:id:ttt888k:20180721152541p:plain

 

敵本陣を陥落させた部隊は

全員甲冑を身に付けた

騎馬隊の一団だった。

 

その一団の老兵は信たちにどこの

所属の部隊かと問う。

 

副長の淵が代表して飛信隊と名乗ると

騎馬隊の一団はその名を聞いて

にわかに反応を示す。

 

信は相手にも名乗るよう促すと

その隊長は飛信隊と同じ

特殊三百人隊の玉鳳隊と名乗る。

 

そして玉鳳隊の飛信隊の姿を見ると

全員がバカにしたように笑い出す。

 

信はそれに怒るが、玉鳳隊の隊長は

飛信隊の名前は度々耳にしていたので

警戒をしていた、噂の通り農民歩兵の

集まりと知って驚いたと答える。

 

信は農民歩兵でも同じ三百人隊だと

食い下がる。

 

玉鳳隊はその言葉に反応すると

隊長は自分たちが貴士族の中でも

幼少期から軍事教育を受けた

英才集団であると答える。

 

そしてたまたま武功を重ねてきただけの

農民と同じ扱いをされるのは

不愉快であると言う。

 

農民歩兵は蟻と同じで働き蟻のように

上に立つものに忠実に従っていれば

それでいいと吐き捨てる。

 

身分が高いものに従えというその言葉に

信は怒り反論する。

 

しかし、玉鳳隊の副長が飛信隊の前に

進み出て大声で気をつけと叫ぶと

隊員たちは無意識にその言葉に反応し

気をつけの姿勢をとってしまう。

 

それを見た玉鳳隊は再び笑うと

完全にキレた信が剣を抜いて

副長に詫びを入れるよう命令する。

 

副長は信を挑発すると

信は剣を構えて突っ込んでいく。

 

副長の元へ辿り着くよりも先に

玉鳳隊の隊長が槍で攻撃を仕掛ける。

 

信は剣でそれを受け止めるが

頬が切れて血が流れる。

 

貴士族の才能と家柄に恵まれた

多くの若者が将軍の席を狙っているため

信が将軍になることはできないと言うと

信は隊長目掛けて突進する。

 

しかし、隊長の槍術の前に敗れ

膝から崩れ落ちてしまう。

 

去り際に隊長は自らを王賁と名乗ると

王騎と同じ王一族であると言う。

 

そして暫く同じ前線にとどまるため

今後飛信隊の活躍の場はないと告げると

玉鳳隊はその場を後にした。

 

 

出し抜く

f:id:ttt888k:20180721155031p:plain

 

その夜、飛信隊は怒りと悔しさで

震えていた。

 

昼間遭遇した玉鳳隊からバカにされ、

且つその副長の命令に無意識的に

従ってしまった事が許せなかった。

 

どうしても越えられない身分の差に

気落ちしてしまう什長たちだったが、

信は一発やられて戦意を喪失しただけで

やられたらやり返せばいいと答える。

 

玉鳳隊よりも先に手柄を獲ることを

決めた飛信隊は騎馬隊を出し抜くために

作戦を考える。

 

魏国の兵たちは玉鳳隊に本陣を

奪われた後に別な場所へ再集結を

しようと集まり始めていた。

 

そこは霧が多く発生する場所であり、

信たちは部隊を百人に絞ると霧と

道端に転がる兵の死体にまぎれて

敵兵をやり過ごしながら敵の本陣を

目指す作戦を敢行する。

 

腐乱した死体に紛れて進むことは

普通に戦うことよりも辛いが

飛信隊は玉鳳隊を出し抜くために

地獄の行軍をやり遂げる。

 

そして次の戦で真っ先に敵本陣を

陥落させると後からやってきた

玉鳳隊を挑発するのであった。

 

 

第三勢力

f:id:ttt888k:20180721160453p:plain

 

前線では飛信隊と玉鳳隊の活躍が

あちこちに広まっていた。

 

二隊は功を競うように

敵将を討ち取り続けていた。

 

もう一つの特殊三百人隊である

楽華隊と隊長の蒙恬も二隊の噂を

聞きつける。

 

蒙恬はすでに千人将に昇格していたが

祖父である蒙驁の意見によって

もう一年は三百人隊のまま経験を積むよう

言われていた。

 

この三隊の特殊部隊は次世代の大将軍を

目指して躍動を始めていた。

 

その頃、咸陽では同盟を結んだ功績で

呂不韋の勢力が着々と大きくなっていた。

 

昌文君たちは自分たちの勢力を

大きくすべく考えを巡らせるが

肆氏がそこに口を挟む。

 

肆氏はまだ咸陽の中で政にも呂不韋にも

組みしていない第三勢力があると言う。

 

昌文君はその勢力の存在を察すると

肆氏の言葉を制しようとする。

 

しかし、肆氏が相手側から接触があったと

告げると政はその詳細を尋ねる。

 

肆氏は昨晩使者が尋ねてきて

王印を押した書簡を持ってきたと言う。

 

その言葉に全員が驚愕し、

玉璽が複製されたことを悟る。

 

壁は国家反逆罪だと言って怒り

その勢力が何者かを尋ねる。

 

昌文君は静かに口を開くと

その勢力は後宮であると告げる。

 

後宮は政の母である太后が

千人を超える宮女と多くの宦官を

取りまとめている場所であり、 

宮女の多くが名家の出身であるため

国内の有力者ともつながりも深かった。

 

 

太后

f:id:ttt888k:20180721163005p:plain

 

壁は政の母親に力になってもらい

後宮勢力を味方につけようと促すが

政は自分と母親の関係が複雑であると返す。

 

昌文君もこれまで後宮勢力を頼らなかった

理由は太后を政治に近づけないため

と答える。

 

過去の歴史を見ても、太后に付随してくる

宦官の存在を見ても権力を与えるべき

ではないと見解を述べる。

 

肆氏はこれまで沈黙を保っていながら

今書簡を送ってきたことは

何かしらの意思表示であると推測すると

送られた書簡を開けて中身を確認する。

 

しかし、そこには何も書かれておらず

白紙の状態であった。

 

一同はその意味を推測しようとするが

政は太后の考えは読めないと言うと

それよりも玉璽の複製に目を向ける。

 

肆氏は後宮の後ろには三代宮家という

強大な権力者がいて、それを味方にすれば

呂不韋との勢力差を五分にできると言う。

 

昌文君は太后は猛毒であるために

よからぬことを図られる危険性があり

そうなると呂不韋との争いどころでは

ないとして肆氏の意見に反対する。

 

決断を迫られた政は翌日後宮を尋ね

直接太后に真意を問うことにする。

 

昌文君は心配をするが、

壁はそれを見てなぜ政と太后を

近づけないようにするのかを尋ねる。

 

昌文君は二人の間には趙国で

人質となっていた時代の闇しか

ないと答える。

 

ー17巻完ー

 

<<18巻へ       16巻へ>>

 

ー書籍版ー

キングダム 17 (ヤングジャンプコミックス)

新品価格
¥555から
(2018/7/31 21:53時点)

ーKindle版ー

キングダム 17 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)