お薦めマンガ紹介ブログ

読んで面白かったマンガをひたすら紹介していくブログ

キングダム27巻

f:id:ttt888k:20180806034647p:plain

 

目次

 

呪いそのもの

f:id:ttt888k:20180806034725p:plain

 

臨武君討ち死にの報は

楚軍の戦場だけでなく他の戦場にも

すでに届いていた。

 

合従軍は味方同士ではあったが

互いに諜報活動を張り巡らせており

各戦場の戦況はいち早く伝わるように

なっていた。

 

だが、その中にあってそのことに

一切の反応が取れない部隊があった。

 

それは趙軍と戦う麃公軍だった。

 

麃公は慶舎の作戦によって部隊を

背後から攻め立てられるが、

それを察知した信が背後を襲う

万極の軍を迎撃すると

戦場は乱戦状態に突入していた。

 

乱戦があまりに長く続いており、

日も落ちてきたことから

戦況を遠くから見ていた河了貂も

さすがに心配になる。

 

そしてわずかの兵を引き連れて

乱戦の真っ只中へ突入し

中で陣を立て直そうと考える。

 

飛信隊も麃公軍は乱戦と砂煙で

散り散りとなり味方の場所が

どこかわからなくなっていた。

 

その頃、信は敵将万極を目の前に

その部隊の兵と戦っていた。

 

趙軍は四十万人の兵を

生き埋めにされた長平の戦いで

秦軍に対して強い恨みを持っていた。

 

そのため、多少のことでは怯まず

秦国兵に向かってきていたが、

万極の軍はそれを逸脱する

レベルだった。

 

万極の部隊は長平の戦いによる

遺族と遺児のみで混成されており、

同じ趙軍の中でも恨みの度合いが

飛び抜けていた。

 

同じ趙軍からも長平の呪いそのもの

と揶揄されるほど狂気に満ちた

集団だった。

 

信は周囲にいる飛信隊と麃公兵を

まとめて突撃をかけると

なんとか万極のもとへと辿り着く。

 

だが、万極が放つ異様な雰囲気に

信は気圧されてしまう。

 

 

穴だらけの荒野

f:id:ttt888k:20180806040040p:plain

 

乱戦状態でバラバラになった味方を

立て直そうと戦場の中へ突入した

河了貂は、百将である田有の部隊と

合流する。

 

そこから徐々に孤立していた部隊を

吸収していくと、すっかり姿を

見失ってしまった信の元へと急ぐ。

 

その頃、信は万極と対峙していた。

 

そのすさまじい怨念によって

幻覚が見えるほどの禍々しい気を

放つ万極軍を前に信は足を止めてしまう。

 

万極は長平の戦いに兵士として

従軍していて、戦のあとに起こった

悲惨な情景を語り始める。

 

降伏した趙兵たちは手足を数珠つなぎに

縛られると列を作って並べられる。

 

その足元には大きな穴が掘られていて

拘束された兵たちはこれから起こる

事態を想像して声を出せずにいた。

 

丘の上にいた白起の合図によって

一番手前の兵が穴へ落とされると

紐で縛られた趙兵たちはどんどん

穴の中へと落ちていく。

 

人の上にさらに人が重なり

穴の中がどんどん人で満たされていく。

 

そして全兵士たちが落ちた所で

上から一斉に土をかけられる。

 

万極は兄と父と一緒に穴に落ち、

死の恐怖に怯えながら

その名を叫び続けた。

 

その時、万極の父は一緒に死んで

怨念となって未来永劫秦国を

呪い続けようと声をかける。

 

それが最後の言葉となったが、

万極は一人土の中から這い出て

生き延びることができた。

 

その事を話した万極は

自分が兵士ではない一般市民を

一万人殺してきたと信に告げる。

 

だが、それでも四十万人には

遠く及ばず、咸陽にいる秦人を

皆殺しにするためにやってきた

と話す。

 

信と万極がやりとりをしている間に

河了貂は無事兵たちを集めて

信の元へと辿り着いていた。

 

 

答えのない

f:id:ttt888k:20180807215846p:plain

 

万極は兵たちに咸陽に行く前に

秦軍を地の底へ葬り去るよう命令する。

 

勢いづく万極軍だったが、

そこへ河了貂と共に飛信隊が現れる。

 

河了貂は各部隊に指示を出すと

戦局を盛り返し始める。

 

だが、信はモヤモヤを抱えた状態で

戦闘に加わろうとしなかった。

 

李白のもとにも万極軍に対峙する

秦軍が息を吹き返し始めた

という報告が入っていた。

 

万極軍の怨念の強さから

李白も心配はしていなかったが、

念のために一千の援軍を派遣する。

 

万極の話を聞いて動きが止まっていた

信は一つのことに気づく。

 

そこへ河了貂が万極に話しかけると

秦軍において万極は要注意人物として

名が上がっている事に告げる。

 

万極は馬央一帯の村を壊滅させ、

一般市民を殺して回っていて

それを何度も繰り返していた。

 

河了貂は万極を虐殺目的で

戦争している最低の異常者と

罵ると信に迷いを断ち切って

戦うよう促す。

信は近づいてきた趙兵を斬り伏せると

万極に同情の余地がないわけではない

と自身の考えを話し出す。

 

五百年戦乱が続いているので

万極以外にも同じ境遇の人間がいて

復讐について考えても答えは出ないと

言い切る。

 

万極も賛同すると、人間は答えのない

世の中で殺し合いをすることが

真理であると話す。

 

それに対して信は答えを持っている奴が

一人いることを告げる。

 

河了貂はそれに気づくと

二人は同時に中華を統一して国境を

無くすことで戦争をなくそうと言った

政の事を思い出す。

 

そして信は自分が政の

金剛の剣であると告げる。

 

人間全て

f:id:ttt888k:20180807221604p:plain

 

飛信隊も万極とその配下も信が言う

国を一つにまとめるという話は

理解できていなかった。

 

しかし、迷いを断ち切った信は

万極に向けて馬を走らせる。

 

それを見た万極の配下は

万極に後退を進言するが

河了貂の指示で背後に回っていた

楚水の部隊が敵の退路を遮断する。

 

そして信は万極と一騎打ちを

始めると早速手傷を負わせる。

 

だが、その直後信は自分の体に

違和感を覚える。

 

自分の体に何かが絡みつくような

違和感を覚えるとそれが徐々に

人の顔のように見えてくる。

 

そのスキに万極に攻撃された信は

攻撃を受けきれず落馬しかけるが

気合で持ち直す。

 

万極は咸陽を壊滅させることで

第二の自分のような存在が生まれ

終わりのない怨嗟の渦が

続いていくと話す。

 

だが、信はその言葉を否定し

万極を亡霊を背負わされた可愛そうな

人物であり、一番呪われているのは

万極自身であると指摘する。

 

そして万極の痛みも自分が背負うと

いうと馬からジャンプし、

そのまま万極の体を両断する。

 

 

初日の報告

f:id:ttt888k:20180807223303p:plain

 

信が万極を討ったのをみた

割れんばかりの秦軍は歓声を上げる。

 

だが、当の本人である信は

神妙な面持ちで万極の前に膝を付く。

 

そして自分は長平のような虐殺行為は

しないし、させないと告げると

万極は遠のく意識の中で地の底で

信たちが成そうとすることを

見ていると答える。

 

万極軍の兵たちは将を討たれたことで

仇討ちに躍起になるが、それより早く

飛信隊は退却をしてしまう。

 

指揮官である慶舎を目前に捕えた

麃公もまた、日も落ちたことで

退却を行う。

 

他の戦場も同様に日没と共に

初日の戦闘を終えた。

 

咸陽にも初日の戦の概要が報告され

ひとまず函谷関を死守したことに

文官たちは安堵していた。

 

中でも臨武君を討った騰と

万極を討った信の名は大きく

取り沙汰されていた。

 

政は信の活躍を聞き、

思わず振るった拳を

玉座に打ち付けるほどだった。

 

だが、肝心の飛信隊の陣営では

いつもと打って変わって

重たい雰囲気が漂っていた。

 

長平の戦いの惨劇を聞いたことと

将を討った信自身が物思いに

ふけった様子であることから

士気は上がらずにいた。

 

そこへ麃公が現れると一人小高い

岩山の上で酒を飲む信を突き落とす。

 

岩山から転げ落ちた信は

その下にいた河了貂に事故で

キスをしてしまう。

 

それを見た他の隊員たちは

驚きと冷やかしの声を上げる。

 

 

化けてみせろ

f:id:ttt888k:20180809010445p:plain

 

麃公は飛信隊の陣営に現れると

大きな盃に入った酒を

一気に飲み干す。

 

そして初日の武勲者である信に

酒を勧める。

 

信はそれを一息に飲み干そうと

挑戦するがあまりに強い酒に

途中で飲めなくなってしまう。

 

麃公は周囲にいた者たちに

隊長の名誉を挽回するやつは

いないのかと焚きつける。

 

だが、飛信隊の百将たちも

次々と倒れていき十人掛かりで

やっと半分を飲むに至る。

 

そして再び信が挑戦しようと

起き上がったところで、

麃公は信が万極軍に襲われた

麃公軍の後軍一万を率いた事に

賛辞を送る。

 

しかし、初日の戦は互いに

一万の兵を減らしただけで

戦局は大きく変わっていなかった。

 

河了貂は麃公に戦の展望を尋ねるが

本能型の麃公は戦は生き物であり

先の展望はないと答える。

 

そして、単純に火付け役が

火の起こし場所に出現するかどうか

が大事であると告げるが周囲は

その言葉の意味が理解できなかった。

 

ただ、同じく本能型としての才能が

あると認められた信だけはなんとなく

理解ができると答える。

 

その答えを聞いた麃公は自分の部隊から

飛信隊が失った三百の兵と、さらに

補佐役として五百人隊を二つ付けると

告げる。

 

合従軍に打ち勝つには中から新しい力の

台頭が不可欠と考えている麃公は

信にその可能性を見出すと

この戦で化けてみせろと激励を送る。

 

信はその言葉で感傷から立ち直ると

再び戦に本腰を入れる。

 

その頃、合従軍の各陣営でも初日を

終えた後の軍議が始まっていた。

 

趙軍の陣営には李牧が訪れ慶舎から

初日の戦況を聞いていた。

 

中でも信が万極を討ったことに驚き、

この対戦で信が大きく化ける可能性を

懸念する。

 

楚軍の陣営では討たれた臨武君の

葬儀が行われていた。

 

項翼と他の配下たちはその死を

悲しむと同時に騰に対して

復讐の炎を燃やしていた。

 

騰の陣営では死んだ鱗坊の死を悼み

軍長たちが杯を交わしていた。

 

そして二日目の朝を迎えると

春申君と李牧がほぼ同時に

戦場へと姿を現す。

 

李牧は臨武君を失った楚軍が

どのように動くかを尋ねる。

 

春申君は第二軍である媧燐という

将が動くことを告げる。

 

臨武君の配下だった項翼と白麗も

媧燐の下に配属されることになったが

その性格に問題があることから

その足取りは重かった。

 

李牧はなぜ性格の悪い人間が将なのか

と尋ねると春申君は戦いの天才だから

と答える。

 

 

女傑・媧燐

f:id:ttt888k:20180809013709p:plain

 

項翼を始めとする楚軍の元第一軍の将は

媧燐の前に集められていた。

 

初めて目にする媧燐の姿を見て

全員がその大きさに驚いていた。

 

その体は女性でありながら楚軍の

総大将である汗明と同じくらいの

体躯を持っていた。

 

媧燐は臨武君の副官を務めていた

魯近という男を呼びつけると

蹴り一発で首の骨を折って

殺してしまう。

 

戦慄する一同に追い打ちを

かけるように媧燐は臨武君の手垢が

ついた無能達はいらないと告げる。

 

全員斬首にしたいというが春申君の

命令があるため、二日目の戦いを

元第一軍の残党だけで戦うよう命じ、

騰を打ち取れなければ全員斬首に

すると一方的に告げる。

 

そして去り際に自分の身長について

言及したものも斬首と言うと

媧燐はそのまま戦を始めてしまう。

 

案の定、指揮官のいない元第一軍は

騰軍に攻め立てられるが、

その状況を怪しんだ騰は逆に慎重に

攻めて出方を伺う方向へと切り替える。

 

他の戦場でも燕軍のオルドは様子見、

趙国は慶舎が受けの武将と見抜かれ

麃公は本陣で待機をしていた。

 

函谷関を攻める魏と韓の軍も

呉鳳明が井闌車を下げたために

膠着状態が続いていた。

 

その頃、楚軍の陣営では

媧燐が第二軍を動かさない事に

業を煮やした汗明が媧燐の元を

訪れていた。

 

対峙する二人はほぼ同じくらいの

体躯をしており、周囲の兵たちを

圧倒していた。

 

そして汗明は媧燐に軍を動かさない

理由を尋ねる。

 

臨武君の配下が気に入らないと

ふざけた回答をした媧燐に対し

汗明は剣を抜いてその首元に

刃を突きつける。

 

媧燐は函谷関を落とすための

作戦であると答える。

 

そして李牧たちのいる合従軍の本陣に

凡戦を十日間続けた後に函谷関を

落とすと作戦を告げる。

 

春申君はその意味がわからなかったが

それがわかった李牧は媧燐の実力が

本物であることを理解する。

 

 

膠着

f:id:ttt888k:20180809020526p:plain

 

オルドが対峙する王翦の砦は

二日目にして徐々に盛り上がり

始めていた。

 

オルドが率いる燕軍は多種多様な

山民族を有しているため、

山城を落とすことが得意だった。

 

そのため、山民族の一隊が突破口を

見つけると攻め手が増え始める。

 

だが、そこに本陣からの命令が届き

媧燐が考えた作戦の通り主力を

温存して単純な消耗戦をせよと

告げられる。

 

それは趙軍、韓軍、魏軍の陣営にも

同じように報告されると、

唯一日数だけが十日から二十日の間

消耗戦をせよと訂正がなされていた。

 

これは媧燐の作戦を理解した李牧が

必要日数を割り出したもので

それを聞いた媧燐もまた李牧が

抜きん出ていることを理解する。

 

結局、二日目の戦は地味な消耗戦を

するだけで終わりを迎える。

 

項翼たち楚の元第一軍たちは

媧燐が立てた作戦によって

斬首を免れたが、三日目以降も

同様に自分たちだけで戦うよう

命令を下される。

 

そして、三日目もまた同様に

消耗戦が展開されると

初日のような番狂わせはなく

あっけなく夜を迎える。

 

秦軍の陣営でも急に動きが変わった

合従軍を訝しがる声が上がっていた。

 

函谷関の城門の上でも蒙驁と張唐の

老将二人が酒を酌み交わしていた。

 

話題は合従軍の動きに関してだったが

そこから六将が嫌いだったという

思い出話になると、長生きも一つの

才能であるとお互いを褒め合う。

 

そして、若い才能のある将たちだけでは

重みが足りないために函谷関は

守りきれないと言うと、今回の戦は

天の計らいであると考え、二人で歴史に

名を刻もうと約束を交わす。

 

それからさらに日数が経過したが

戦況は膠着状態を続けた。

 

だが、七日目にして突如韓軍の成恢が

動きを見せる。

 

魏軍に対し巻き添えをくらわないよう

道を開けよと指示をだす。

 

 

韓の兵器

f:id:ttt888k:20180809022154p:plain

 

韓軍は謎の兵器を持ち出すと

前衛に布陣する。

 

その兵器は弓矢だったが、

通常の矢と違い猛毒が塗布されていて

かすっただけで絶命してしまうほど

強力な毒性を持っていた。

 

それを城壁の上にいる秦軍に

目一杯射掛け始める。

 

本来の毒は即効性が無く、

効果が出るには時間がかかったが

韓軍の操る毒兵器は全く違っていた。

 

その威力に城壁の上では混乱が起き、

それに指示を出した将たちの居所が

成恢にバレてしまう。

 

成恢は次の兵器を持ち出すと

それを将たちがいる場所へ向けて

発射する。

 

それは矢の先端に大きな球体が

取り付けられており、その中には

気体状の毒が入っていた。

 

張唐たち将たちのいる付近に着弾すると

中からガス状の気体が漏れ出す。

 

張唐は咄嗟にそれを吸わないよう

指示を出すが、多くの将がそれを

吸ってしまう。

 

煙はすぐに無くなったが

それを確認した成恢たち韓軍の

主力部隊は奥へと撤退していく。

 

その後は七日目の戦も消耗戦が続き、

八日目も同様に戦が終わった。

 

だが、いつもと違ったのは

八日目の夜に張唐が桓騎を

呼び出していたことだった。

 

張唐は桓騎に対して国を守る覚悟と

国を背負って立つ武将になる覚悟が

あるのかと尋ねる。

 

そう言う張唐の顔には毒の影響が

出始めていた。

 

 

短期戦

f:id:ttt888k:20180809023330p:plain

 

秦軍と合従軍の戦は十四日目に

突入していた。

 

近辺の村ではすでに秦軍が敗北して

咸陽が落とされたというデマが

広がり始めていた。

 

だが、実際には消耗戦を繰り広げる

合従軍に対して秦軍が必死に

食らいついていた。

 

咸陽でも呂不韋が背後に合従軍から

離反した斉国という驚異がありながら

あえて長期戦を展開しようとする

合従軍の動きを訝しんでいた。

 

だが、昌文君と昌平君の二人の丞相は

合従軍は長期戦ではなくスキを見て

一気に総攻撃をしかける最短の

短期戦を仕掛けてくると読んでいた。

 

現場で戦う兵たちは初日以降目立った

戦果がなく、元々兵力で劣る秦軍は

兵力を削られることで

意気消沈していた。

 

だが、各将たちは来る決戦の日に備え

日に日に眼光の鋭さを増していた。

 

そして、十五日目が決戦の日であると

全員が確信をしていた。

 

合従軍の陣営でも何も言わずとも

各将たちが本陣に集まっていた。

 

李牧は完結に明日は函谷関の上で

祝杯を上げようとだけ声をかける。

 

運命の十五日目の朝を迎えると

李牧は今日が山場であり、

全軍の力で函谷関を落とすと

宣言する。

 

鍵を握るのは楚軍であり、

その日はこれまで動きのなかった

媧燐の軍と汗明の軍が同時に

動きを見せ、秦軍も温存していた

蒙武が戦場に立つ準備を始めていた。

 

 

蒙武の檄

f:id:ttt888k:20180809024535p:plain

 

媧燐が考えた作戦とは消耗戦を

することで秦軍を弱体化させ、

そして全力を持って一気に

打ち破るというものだった。

 

そのためには秦軍が弱体化するまでに

必要な時間と函谷関の突破後に咸陽へ

攻め上がる時間、合従軍が抱える長期戦の

リスクを計算した上で丁度いい日数を

算出する必要があった。

 

それがちょうど十五日目だった。

 

各戦場ではこれまでの消耗戦とは

打って変わって両軍が全力の力を

出して戦い始める。

 

中でも各軍が注目していたのは

汗明と媧燐が動く楚軍だった。

 

対する蒙武軍も戦闘準備をするが

そこに配属された三千将の壁は

何の作戦も聞かされていなかった。

 

単純に蒙武の合図に従い全力で

戦うというシンプルな命令に

不安を感じていた。

 

そんな中、蒙武は全軍に対して

檄を飛ばす。

 

中華最強は自分であり、

楚将汗明の首は自分が討つと

豪語し、最強の男が率いる軍勢も

最強であるという言葉に

全軍の士気は最高潮に高まる。

 

その檄を聞いていた壁もまた

体の中から熱を感じ始める。

 

そして蒙武の合図によって

壁の部隊から進軍が開始される。

 

ー27巻完ー

 

<<28巻へ       26巻へ>> 

 

ー書籍版ー

キングダム 27 (ヤングジャンプコミックス)

新品価格
¥555から
(2018/8/9 02:57時点)

ーKindle版ー

キングダム 27 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)